デイトレードで利益倍増!


デイトレーダーとは言葉通りその日に何回もトレードをするday(1日)トレーダーの事をいいます。それに似た言葉でスキャルピングやスイングトレードという言葉もありますが、スキャルピングは数秒に一回トレードをしたりする短期決済を目的としたトレード方法です。

逆に2日~1週間ほどの短期的な持ち越しをする方法がスイングトレードです。デイトレーダーにとって毎日利益を出したいという人にオススメですが毎日数回トレードを行うとなるとエントリーするタイミングや利益確定などを上手く出る事が重要になってきます。

FXでは毎日必ず世界中のどこかでなんらかの経済指標や各国の要人の講演での発表がありそれによって大きく相場が動いたりします。

この経済指標でトレンドが変わってしまうこともあるので世界の政治や経済の勉強をしておくとFXで勝つためにも重要になります。またデイトレーダーであればテクニカル分析でポジションを決めたりする必要があります。

このテクニカル分析には沢山ありデイトレーダーにとってありがたいツールです。例えば移動平均線や、MACD、RCI、一目均衡表、RSIなど様々です。通常色んなテクニカルの中で何種類かを組み合わせて分析している人がたくさんいます。










sdfsf
FXトレードにこれからチャレンジしようと思っている方、もうチャレンジ中だと いう方、既にベテランだという方・・・
XEマーケットをご存知ですか?XEマーケットの盛り沢山な魅力を是非体験して頂きたいと思います。

<入金するだけでボーナス発生>まず、口座開設後の初回入金時にボーナスが支給されます。しかし、それだけではありません。
再度入金するときにもボーナスが支給されちゃうんです。個人投資家向けの「マイクロ口座」はもちろん、大きな金額を取引するときに使える「スタンダード口座」「エグゼクティブ口座」いずれの口座でもボーナスが適用されます。また、ボーナス額が増額されるキャンペーンも多く開催されています。キャンペーンは頻繁に行われるので要チェックですね。






oooo

バイナリ―88が提供している60セカンドという取引ツールでは、一つの画面で四つのチャートを同時に見ることが出来ます。各銘柄の動きをリアルタイムで確認できるため、使いやすさ抜群です。

利便性が高いだけでなく、リターン率の高さも見逃せません。60セカンドでは78%リターン、レンジ内で上か下にタッチするオプション取引では最大430%ものリターンを得ることが出来ます。他にも、毎月ボーナスが支給されるサービスもあり、一定の条件を満たせば自由に引き出せるようになります。バイナリ―88のサービスを活用すれば、他のFX業者よりお得な資産運用が可能になります。









uu
24オプションの公式ホームページは、日本語を含む13か国の言語に対応しており、世界最大級だと言えるでしょう。ホームページ全体が見やすく作られており、取引画面は操作がしやすいことが評判です。日本語のホームページには、日本語対応のサポート専用ダイヤルが掲載されていますので、なにか困ったことが起こっても安心です。また日本語オンラインチャットや日本語メールでのユーザーサポートにも対応しており、これらのサービスは365日24時間対応です。この充実したサポート体制により、投資の初心者からベテラントレーダーまで、安心して使うことができるのが24オプションです。そして海外業者の特徴でもあり、海外業者を使う最大の理由であるキャッシュバックのキャンペーンについても、24オプションは充実していることで定評があります。






twer

海外バイナリーオプションのプラットフォームがスタートしたのが2012年。キプロス本社のスマートオプションは提供自体が日本人によって行われているものであり、日本人が提供しているだけあってサポートや作りなども日本人向けに特化されたものが揃っており、東京の電話番号でサポートを行っています。プラットフォームはSpotOptionのものを利用しており、スマートオプションの取引イメージや口座の開設方法を説明した動画が公式で公開されていますので、これからスマートオプションを始めてみようと思っている方はぜひ、公式サイトに行って見てみてください。


私自信もテクニカル分析は好きで、移動平均線をベースにオシレーターと呼ばれる逆張り系のテクニカルをよく使います。中でも有名なのは移動平均線の短期線と中期線が交わるところがゴールデンクロスだったりデッドクロスだったりとエントリーのシグナルがでる手法もあります。

しかしこれはシグナルが出る頃にはすでに相場は先に動いてしまっていて、なかなか上手く使えません。移動平均線はあくまでトレンドを見分けるために使用し、

そのほかにRSIと乖離率を見ながらトレードすることが多いです。RSIの場合他のオシレーター系よりもローソク足1本分早くシグナルを出してくれるので、利益を出す確率も上がっています。テクニカル分析なくしてはデイトレーダーとして勝つのはなかなか難しいと思うので、色んなテクニカルを試してみて自分にピッタリ合ったものを使うと良いと思います。

これらのテクニカル分析は本屋に行けば本に書いてありますし、ネットで調べればテクニックを動画投稿している人も多くいるのでいくらでも勉強することは可能です。

あとは損切りをいかに勇気を持って確実にすることができるかどうか、利益確定を確立させることができるかどうか。FXで勝つにはこの2つがとても大切です。いかにテクニカル分析ができても損切りをしっかり行なって利益を出せるか損小利大を追求していかないとなかなか勝てないと思います。

『塵も積もれば100億となる!?堅実&堅実で資産を増やしていった本多静六とは』

「投資」という言葉を聞くと、危険・ギャンブル・怖い・・・などマイナスなイメージを持つ人が多くいらっしゃいますが、それとは真逆の堅実に次ぐ堅実な方法により40代で現在価値に換算すると100億もの資産を築いた人がいました。それが本多静六です。最近ではインベスターZという漫画にも 取り上げられたので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
◆どんな人?
もともと裕福な農家に生まれましたが、静六が9歳のときに父親が急死。それを期に多額の借金を抱えることとなり一気に貧乏な生活を強いられます。そんな生活の中でも勉学を疎かにすることなく、18歳で東京山林学校へと進学します。大学は首席で卒業し、その後ドイツへ留学。林学への見識をより深めた後に帰国し、母校の助教授、そして教授となります。多くの公園・広場の設計・改良に携わり「日本の公園の父」とも呼ばれています。
勤倹貯蓄(仕事に励み節約すること)をモットーとし、生活様式は一貫して慎ましいものであったといわれています。また、退官後にそれまで築いた資産のほぼ全てを匿名で寄付したことが知られており、私利私欲の為だけに蓄財していたわけではなく、本多静六の人となりが伺えます。
◆どうやって100億も貯めたの?
本多静六の資産形成手法はいたってシンプルかつ王道。コツコツと貯めて、将来性の高いものへ投資する。たったこれだけ。派手なことをせず一歩一歩着実に資産を積み上げていく姿は、まさに本多静六の人となりを体現したものと言えます。では具体的にはどういった手法だったのでしょう。
以下に本多静六が行った活動をいくつかご紹介します。
◇給与の1/4とボーナスの全額は貯蓄する
資産が少ないうちはまず元手を確保し、来る時に備えます。その為には、使って残った分を貯蓄するのではなく初めからに貯蓄に回しその分は無いものとして生活をする、そうすることで確実に資産を増やしていきました。その当時は今と違い銀行金利が4%~5%という時代ですから、これだけでも相当な資産運用となります。
◇発展途上である企業の株を買う
しかし、それだけでは100億もの資産を造ることは出来ません。次に行ったことは鉄道会社の株購入です。当時はまだ鉄道は未発達でしたが、日本の発展と共に全国に鉄道が張り巡らされ、支線が増えると同時に利益も増えるであろうと考えたからです。それが大当たりし、購入した鉄道会社は購入時の2.5倍の金額で国に買い取ってもらうことが出来、また配当を受け取ることで資産を大きく伸ばしました。この時点で現在価値で3億以上の資産があったと言われています。
◇含み益が2割になったら売却
本多静六は鉄道株以外にも株式を保有していましたが、スタンスは基本的に長期投資。伸びると思った企業の株を少しずつ購入し上がるのを待つ、という堅実な手法です。基本的に伸びると考えているので損切りすることはあまり考えなくてもいいですが、困るのは利益が乗ってきたときの売り時です。利益が乗ってきているので、当然欲も出ます。しかし、そんな時でも含み益が2割になったら一旦売却し利益を確定する。このルールを守ることで確実な利益の確保が出来、さらなる成長企業への投資が行えるようになります。
◇タダ同然の土地(森林)を買う
これは鉄道会社の株を購入した目論見と同じです。鉄道が張り巡らされていけば、今なにも無いただの山林でも人が集まるようになり、価値が生まれ、地価が上昇すると考え、タダ同然の森林を買い漁りました。その後、日本は日露戦争による大戦景気から木材の需要が急増し、3000坪4円で手に入れた森林を3000坪280円で売ることが出来ました。
以上のような活動を通し、本多静六は40代で現在価値にして100億もの資産を手にすることが出来ました。
◆まとめ
幼少期の貧乏生活から勤倹貯蓄に努め、最終的に莫大な資産を手にすることができた本多静六。その成功の礎となったものは、やはり堅実さではないでしょうか。贅沢をせず、まずは貯蓄で資産を増やす。それを元手に投資で資産形成のスピードを少しずつ加速させる。あくまでも焦らず、着実に歩を前へと進めるその行動は、簡単な様で非常に難しいです。しかし、メジャーリーガーのイチローの言葉にもあるように「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道」であることは本多静六の生き方から実証されており、今一度我々が見直すべきスタイルではないかと思います。