中値決済とは何か


経済ニュースなどで「中値決済はドルが余剰しています」「中値○○本不足」といったような内容を耳にすることはないでしょうか。
まず中値(なかね)とは何かと言うと、銀行が外国為替取引を行う際に用いる「基準レート」のことを指します。具体的に言うと、銀行では基本窓口対応にて個人顧客と取引することになります。ここで実際に金額を動かす際、顧客=取引ごとに毎回変動するレートを細かくチェックし随時正確なレートで取引することは困難です。
そこで各銀行が営業日のだいたい9時55分頃の銀行間為替相場=インターバンクレートを参考に当日の取引に対して一定の基準レートを決定しています。これが中値です。ちなみに、10万ドル未満の小さな外国為替取引に対して提示されています。

外国為替市場とは、銀行と銀行のような金融機関同士が取引をするインターバンク市場と、対顧客市場の2つに分けられます。インターバンク市場は金融機関同士のやりとりとなりますから、この市場に個人投資家は入れません。

そして、対顧客市場とは、個人投資家や輸入業者といった顧客が銀行を通じて外国為替取引を行う市場のことを指しています。この市場に中値が用いられます。まずインターバンク市場のレートを参考に中値が決定され、対顧客市場にて銀行と個人との取引が行われる流れになります。但し、対顧客市場では中値+手数料が上乗せされたレートで取引されます。それぞれTTS(Telegraphic Transfer Selling rate円→外貨交換へ)、TTB(Telegraphic Transfer Buying rate外貨→円交換へ)と表記されています。
ただ注意したいのが、TTS、TTBと表記されていても更にコストがかかる場合があるという点です。一瞬見ただけではわからないこともあるので確認は必須ですね。
ちなみにハイローオーストラリアや24Optionなどはコスト込みの明確な表記があるので安心です。

中値決済の事を考えると、リアルタイムのインターバンクレートで取引できるFXはやはり魅力的です。もちろんFXにも手数料のようなコストとしてスプレッドがありますが、スプレッド幅の狭い取り扱い業者も数多くあります。

FXも含め外国為替市場の取引を行う際には、自分が利用する金融機関や取り扱い事業者によって得られる利益と取られるコストなどが変わってくるので十分に検討するようにしましょう。